肝臓 肝臓は、門脈血に含まれるブドウ糖をグリコーゲンに変えて蓄え、 血液中のブドウ糖が不足すると、 グリコーゲンをブドウ糖に分解して血液中に送り出す。 肝臓には解毒作用がある。 肝臓は、余分のアミノ酸を分解して尿素にする。 肝臓は、血液凝固物質や血液凝固