アドレナリン アドレナリンは、心臓の自動中枢に作用して、心拍出量を増加させる。 アドレナリンは、肝臓のグリコーゲン分解を促進する。 アドレナリンは、血液中の糖の濃度を上昇させる。 アドレナリンは、筋活動が円滑に遂行されるように身体の態勢を整える。 筋労作